化粧品でしっかりしわ予防|いつまでも輝く肌にする

女の人
睫毛

専用の美容液がオススメ

まつげに栄養を与えると、知らず知らずのうちに長くなったり量が増えたりといった変化が感じられるようになるとして、自身のまつげを伸ばすことのメリットが高まっています。そのために必要なのが、安心して使える効果を実感できる専用の美容液です。

婦人

スキンケアを見直そう

化粧水では思うように保湿できないと言われていましたが、質の良い化粧水が登場したことで解決しました。ビタミンC誘導体が配合されたものは保湿はもちろんのこと、さまざまな肌トラブルを改善するのに役立ちます。

線ができるのを防げる

女性

浅いか深いかで使い分け

しわは浅いしわと深いしわがあります。浅いしわの場合は乾燥によってできたものか目じりなど皮膚の薄いところに細かくできるものです。このようなしわは、とにかく保湿をして乾燥を防ぐことが大事です。笑ったときにそのまましわが残るようだといつかそれが深くなりとれなくなってしまいます。そうなるまでにきちんと細胞間脂質であるセラミド配合のものやセラミドを増やす働きをするものを含んだ化粧品を使うようにします。ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸系なども普段使いのケアとして利用できる成分です。乾燥がひどい場合は尿素が配合されていたり、ワセリンなど保湿力の高い化粧品を使用します。深いしわの場合、コラーゲンを増やしてくれる化粧品を利用します。それだけではなく、きちんと肌の奥まで染み込ませることのできるものが有効です。たとえばビタミンC誘導体であるリン酸アスコルビルやAPPSです。その他にも細胞を治してくれるレチノールというビタミンAも深いしわに効きます。より本格的に改善したければグロスファクターという再生医療の現場でも使われている因子を使用します。これらはよく効くので使い方には注意も必要です。刺激が強すぎるなと感じたら弱いものに変えるか、浅いしわに効くタイプにします。さらに紫外線をなるべく浴びないよう、日焼け止め効果のある化粧品も使うようにしましょう。肌の老化を防ぎ、しわが広がり深まるのを阻止するためにも必須です。

レディ

ピーリングでニキビケア

ケミカルピーリングはフルーツ酸で溜まった古い角質を落とし、新しい皮膚を作るスキンケアです。ピーリングをすれば乱れたターンオーバーが早くなります。そしてガンコなニキビ跡の赤みもスピーディーに改善します。